Loading...
ライフスタイル

有給を取らずに週末だけで行くオススメの海外旅行

有給を取らずに週末だけで行くオススメの海外旅行

先日ふとネットサーフィン(死語)をしていたら、こんな記事を見つけました。
KLM to fund development of fuel-efficient Flying-V plane
Flying-V と名付けられたこちらの飛行機は、オランダの航空会社KLM が発表したV 字型をした今までにない旅客機のデザインです。こちらはコンセプトではなく、本気で開発しようとしているのだから驚きです。

有給を取らずに週末だけで行くオススメの海外旅行

エアバスA350と同じく300人を超える乗客を乗せることができながら、燃費は20パーセントカットできるとのこと。
そういえば飛行機って他のモノに比べると、昔から大きく様変わりしたデザインってありませんよね。むろん安全性能が第一でしょうから、そちらに注力するのは当然かと思いますが、音速旅客機として名を馳せたコンコルドがなくなってから、パッと目を引く飛行機は見ていないので、KLM の挑戦が成功に終わることを期待したいです。

さて飛行機で思い出しましたが、皆さんは海外旅行ってどんなイメージがあります?
楽しい話はもちろん多いのですが、「大変、めんどくさい、飛行時間が長い」などとネガティヴな話題もよく聞きます。
実は先日、ものすご〜く気軽な装備と会社を一日も休むことなく、シンガポールへ行ってきたのですが、すごく満足できる旅だったのでご紹介します。

シンガポールは日本から飛行機で7時間ほどの距離にある、マレーシアに隣接した南の国です。
世界中から人気を集めているアジアの観光スポットで、HIS などでは 20,000円代からの格安航空券もあるようですね。
近年目覚ましい発展を遂げている国で、屋上のプールがあまりに有名なマリーナ・ベイ・サンズなんかは、その象徴かもしれません。
英語圏の国でもあり、セントーサ島という場所には日本でもおなじみのユニバーサルスタジオがあります。

シンガポールの観光については、ひとまずおいておきましょうか。

わたしは今回、金曜の退社後に出て、月曜の朝に出社できる海外旅行プランはないかとあれこれ考えました。
台湾、韓国、中国…
手軽に行くならそういうところかなぁとも思ったんですが、もうちょっと海外旅行感を出したいなと思い、もう少し遠くの旅行地を模索しはじめました。
金曜夜に出て、日曜夜か月曜の朝に到着したい。

エアトリであれこれプランを練っていて見つけたのが、シンガポール。

ANA 便だと
行き:羽田 金曜24時40分出発 → シンガポール・チャンギ空港 土曜日 6時40分着
帰り:シンガポール・チャンギ空港 日曜日22時10分発 → 羽田 月曜日 6時30分着

JAL 便だと
行き:羽田 金曜24時5分出発 → シンガポール・チャンギ空港 土曜日 6時15分着
帰り:シンガポール・チャンギ空港 日曜日 21時50分発 → 羽田 月曜日 5時50分着

という旅行日程を見つけました。
わたしは普段ANA JCBと、AMEX ANA ゴールドカードを使ってマイルを貯めているので、ANA を選択しましたが、シンガポールには他にも複数の航空会社が飛んでいるので、貯めているマイルによって選ぶのが良いと思います。

行程としてはなかなか厳しい感じでしたが、シンガポールはとても小さな国なので、土曜と日曜日の丸2日間を目一杯使えば、それなりにぐるっと観光地をまわることができます。
終始、急ぎ足で疲れましたが 笑

それでも夕暮れにマリーナ・ベイ・サンズの屋上にあるバーから見た景色は、来てよかったなぁという思いにさせてくれました。
荷物も着替え1日分と、機内用のパーカーひとつ。
少し大きめのリュックサック一つで難なく海外旅行してきちゃいました。

後で知ったのですが、シンガポールのチャンギ空港というのはとても広くて、
アエロテル トランジット ホテル ターミナル 1
アンバサダー トランジット ホテル ターミナル 2
アンバサダー トランジット ホテル ターミナル 3
と3っつもの宿泊施設があるのです。

ですので、例えば
ANA 金曜17時00分成田発→シンガポール・チャンギ空港 金曜23時15分着
ANA 金曜18時10分成田発→シンガポール・チャンギ空港 金曜24時25分着
JAL 金曜17時55分成田発→シンガポール・チャンギ空港 金曜24時10分着
あたりの便で飛んで、空港内で一泊したらもう少し余裕のある日程だったかなと。
空港が成田なので、最低でも半休を取る必要はありますけどね。

シンガポールは亜熱帯の地方なので、汗だくになるのは確実です。
なので、帰りの日にはチャンギ空港に着いたら、空港内にあるシャワールームを使用すると、帰りのフライトがとても快適ですよ。

今日は新しい飛行機デザイン…からのシンガポール弾丸旅行のクールな情報でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA